isogai

ダイスケです。
本日取り上げる投資教材は

「SnakeFX」

という、FX自動売買システムについて取り上げていきます。
isogai
毎日ライブ中継を24時間し続け、
衆人環視の中"月利15%"というパフォーマンスを
1年8ヶ月以上、平均して出し続けている
FX自動売買システムをご用意しました。

特商法取引方に基づく表記
運営業者 株式会社TCH
運営責任者 磯貝慎泰
所在地 〒321-0982 栃木県宇宇都宮市御幸河原町御幸ヶ原町65-11

毎日ライブ中継を24時間し続けているのか?

こちらのFX商材は株式会社TCHから
販売されているFX自動売買システムになります。

衆人環視の中月利で15%を達成している、
とのことですが実際問題達成しているのか?
というところです。

販売ページを見る限りバックテストを実績として掲載されていますが、
まずそのこと自体がおかしいし、リアルでの資金を使ったフォワードを
掲載するのが当たり前です。

で、このEAの動き方として、マーケットのオープン、クローズ時間を
狙ったトレンドフォロー型の動きをするシステムになっています。

このSnakeFXに関しては販売ページ内での文言を確認すると
わずか1日で1,2回ほどの取引しかしないとのこと。

そうすると…もはや衆人環視がどうとかという話ではなく、
ただの自己満足でのライブ中継であると言えます。

冷静に考えて、1日に多くて3回の取引しかしない
EAの中継を監視していたところでポジションが変わらない
わけです。こんなの誰がみるのでしょうか?

SnakeFXの実績は皆無

EAや投資教材に精通されている方であれば、
販売ページを見れば「ん?」と気づかれる方が大半だと思います。

実際問題、バックテストのデータらしいものは見つからないし、
その上実績もない。あ、一応バックテストという名の机上の空論
の掲載がずらっと並んではいますが、"実績"ではありません。

その上で

「実績も本物、バックテストも本物です」

これって、意図的にほぼ初心者や無知の方をターゲットにした
商品にしか見えない…思ってしまったのですが、私だけでしょうかね?

一般的に考えて、実績とはmyfxbookでの
フォワード成績のことを指します。

この方が消費者にとっても為になる指標になると思いますよ。
実際に動いているEAを見ることができるので、実績を確認した上で
その商品の特徴を把握することができる、ということです。

ただ成績不振となってしまえば誰もが買わなくなるのは目に見えています。

だから、こんな簡単なフォワード成績も掲載しない…と思っていいでしょう。

販売開始後のフォワード成績未掲載には注意

単純に"実績"を販売開始直後のデータを把握できない
ということは、本当の意味で実績が皆無と言えます。
あるのはバックテストのデータのみ。

それに、簡単に捏造することだってできます。
あくまで販売者の言う"実績"は参考程度にしかならないということです。

フォワード成績や口コミなどが確認できないのであれば、
購入すること自体がムダ。銭失いになってしまう可能性が極めて高いです。
こちらの「SnakeFX」の購入を検討されている、というのであれば
最悪フォワード成績の半年~1年程度は見たほうがいいです。

正直おすすめはできません。
ダイスケ

この度メルマガの発行を開始しました
あなたには、手法やインディケータに振り回され、
駄な時間を過ごしたり、無駄な出費を強いられ、
トレードそのものが嫌いになって稼ぐことを
辞めていってほしくはありません。
経済、金融からビジネスまで網羅した濃い内容。
もちろんブログでは到底お伝えできない内容までお話します。
※今なら完全無料期間限定のプレゼント付き!
投資に関する悩みやご相談承ります
投資に関する悩みやご質問、その他諸々を承ります。
実際に相談される方はあなた同様に
「FXで勝てないんだけど…」
「これから投資勉強しないとヤバイ?」
など、本当に些細な悩みから
とても私だけじゃ解決出来ない悩みまで解消してきました。
今では感謝のメールが届きます。
本当にお薦め出来る情報商材選びや適正など気軽にご相談下さい。
投資は不確定な要素が非常に多いですが
努力すればしっかりと腕と技術、相場観などが身につきます。
従って、正しい情報を受け取り愚直に実践さえすることが出来れば
あなたはこれから経済的にも時間的にも縛られること無く
為替相場から現金を引き出すことが出来ます。
まずは、無料で気軽にご相談くださいね(^^)
また、これまであなたが実践してきたノウハウや
これまで購入してきた商材についてのご質問もお待ちしてます。
FX商材 ランキング 掲示板管理人の
ダイスケがあなたを成功へ導きます
↓ダイスケに相談する↓

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。