ダイスケです。


「レバレッジ数百倍掛けて一発逆転だ!」


なんて言葉、どこかで聞いたことないですか?


レバレッジ、つまりテコの原理のことを指すのですが

簡単に言うと…持っている資金以上を使って取引が出来る

という仕組みです。


FXのメリットでもあり、デメリットでもレバレッジの

その仕組みについてここでは解説します。


そもそもレバレッジとは?


先ほど冒頭でもお伝えしたように、シンプルに言えば

「持っている資金以上の取引が出来る仕組み」

のことを指します。


FX取引を行う場合には、最初に資金を「証拠金」として

預け入れることで、最大証拠金の25倍の金額を

取り扱えることができます。つまり、そのお金を使って

トレードをすることが可能ということです。


レバレッジが25倍である、ということを想定すれば

10万円の証拠金を口座に入れると、25倍ですから250万円

として取引できるということになります。イメージできますか?


このレバレッジを使えば確かに持っている資金以上の

取引が出来るため、資金効率はかなりいいです。


そもそもなぜ、このようなことができるのか?説明しましょう。


なぜ「レバレッジ」が掛けられるのか?


「レバレッジって凄いな…なんでそんなことが出来るんだ?」

このように疑問を持たれると思いますので解説します。


それはFXの決済方法に理由があるんです。


本来、商品の取引を行う場合には直接現金の

受け渡しを行って決済します。100円の商品を買えば

100円を支払う…というのが一般的ですね。


しかしFXではそんな決済方法ではありませんし、行いません。

FXの決済方法は差金決済という方法で行われます。


この「差金決済」とは、取引の段階において

現金を動かさず、取引で生まれた差額の分だけを決済する、

という仕組みになっているんです。



具体例をあげますと、

1米ドル=日本円100円のレートで1万米ドルを買った

とします。そうすると、本来であれば必要になる現金は

100万円になるのですが、差金決済ではこの段階では

現金は動きません。


この後、レートが上がり1米国ドル=日本円110円になったとします。

買った1万米国ドルを決済すれば、110万円になります。


合計資金は100万円から110万円となり、

損益は+10万円となります。この場合には、差額である

10万円だけを受け取ることになります。



まあ、難しいことは考えず決済までに必要な

現金の動きは、取引によって生じた差額の±10万円に

収まっていますから、その差額分だけを用意すれば

取引は成立する、ということになります。


レバレッジのメリットとは


何度もお伝えしていますが、レバレッジには

メリットもありますし、デメリットも存在します。


確かに資金効率のみを考えれば非常に魅力的な

仕組みに見えるこのレバレッジ。25倍も動かせるので

それだけ少額でも大きな金額を運用できると言えます。


レバレッジが25倍である、ということは10万円の

証拠金を口座に入れた場合にはその25倍の250万円

として取引が可能になる、という意味を指します。


これを言い換えれば、250万円の取引がしたい時には

その1/25の10万円を用意できればいいということです。



ようするに、1/25の資金を用意するだけで

取引が行えますから、残りの資金は他の用途に回すことができます。


為替レートが1ドル=80円の時、1万通貨のドルを買うために

必要な金額は通常80円×1万通貨=80万円です。


しかし、25倍のレバレッジを利用することで

その1/25の証拠金で買うことができるのです。



この場合には、必要な証拠金は80万円×1/25 =3.2万円

少額の取引が出来ますから、手持ちの現金が少なくても

そこまで問題にならないでしょう。


その他には、証拠金以上の出費がない、というのも

大きなメリットであると言えます。本来、資金を調達するには

金利が発生します。


不動産投資の場合には、不足金はローンを組んで支払う為、

金利を支払う必要性がでてきます。株式投資の信用取引でも、

証券会社から資金を借入するには2〜3%の金利を取られます。


しかしFXは例外で、レバレッジを掛けると金利0%で

資金を調達した場合とほぼ同様の効果が得られます。


このようにして、レバレッジを掛けると投資の幅や

選択肢が大幅に広がってくる、というメリットがあります。


メリットがあれば、デメリットもある。そこを解説しましょう。

「レバレッジ」のデメリットとは?


レバレッジを掛ける、ということはそれだけ大きな取引が

できるようになるということです。


できるという事はそれだけ選択肢も広がりますし、

便利であるという部分で考えれば確実にメリットといえますが、

それは時として「リスク」となりえます。


レバレッジは自分の資産の何倍ものお金を、あたかも

自分のお金であるかのように仮定し、取引を行う、

「魔法の仕組み」ですから、当然ながらレバレッジが高ければ

高い文だけ自分の資産に対するリスクは高くなります。


レバレッジを掛けた取引を行う為に必要なものは

「資金」のみで、知識やトレードスキル、経験といったものが

まったく必要ないのです。



もちろん、コンスタントに利益を出していくには

この選択肢も必要になると思います。しかし、取引を行う

という点においては必要になってくるものは「資金」だけです。


株式投資においての「信用取引」にもレバレッジのような

仕組みがありますが、こちらは証券会社の審査、株式売買経験

といった、あらゆるルールと課せられた条件をクリアしなければ

使うことは許されないのです。


FXにはそういったものがなく、簡単な質問に回答するだけで

信用取引よりもレバレッジを掛けた取引ができてしまう

ということです。


つまり、


「実際の取引でレバレッジを使うとどれだけのリスクが発生するか」


を理解しないまま取引ができてしまう、ということそのものが

危険だしリスクであるし、デメリットだということです。


10万円の損益はFX初心者が扱うには相当の金額です。

しかし、10万通貨の取引に必要な証拠金は先ほどの

前述した設定であれば32万円。この程度の金額であれば、

用意できる人は少なくないと思います。


たとえスキルや経験のない初心者であっても、証拠金

さえあれば取引はできてしまう、ということです。


結果、わずか1回の取引で10万円の損を被る可能性があります。


レバレッジによって、証拠金が少額になっている

というだけで、実際にはその25倍の金額を扱っている

ということだけは忘れないで欲しいと思います。


「じゃあ最初からレバレッジなんて使わなければいいじゃん」


という声もありそうですが、逆に言えば

「損を回避できる行動をすれば」

上手くレバレッジと付き合っていくことができそうです。


しかし、事実としてこの「レバレッジ」という仕組みを

利用して大きな損を被る個人投資家が非常に多かったのです。


そして、そういった個人投資家は「サブプライムショック」

により、悲惨な結末を迎えてしまいました。後にこの

「レバレッジ」の規制が入り、法律までもが変わりました。



確かにレバレッジとうまく付き合っていければ、便利なものです。

しかし、一歩間違えてしまえば非常に危険なものへと変わります。


レバレッジの仕組みを理解できない内は

25倍だとか、あまりにも高いレバレッジは掛けないほうが

身のためだと思います。


ただ、実際にこのレバレッジをうまく活用し

「スキャルピング」といった、短期売買で資産を増やす

短期トレーダーの存在もあります。



短期であれば、レートの動きは小さい為、つまり

リスクが低いため、このリスクを追っている状態の時間が

短ければ短いほど、高いレバレッジをかけたとしても

トータルで見ればリスクが小さく済んでいるということです。


短期売買、スキャルピングを活用し、リスクを応じ感が

本来のトレーダーと比べて極端に短いため、高いレバレッジを

掛けて取引を行っていたとしても、取引の全体的なリスク

という意味では、低いレバレッジにて長期間ポジションを保持する

取引と比べても、ほぼ同じであると言えます。


つまり、自分の資産をリスクに晒す時間をコントロールした上

レバレッジ率を上手に設定した上で、リスクに対しての

リワードが整った運用になる、ということです。


若干難しいかもしれませんね。


このリスクをコントロールできる投資家こそが

生き残って勝ち続け、逆にこのリスクのコントロールが

できない人は、始めは勝てていてもどこかで損を被るのが

パターンとしてあります。


強制ロスカットの存在


先ほど前述しました「レバレッジの規制」

に関してですが2011年の8月よりFXのレバレッジは

25倍までと制限がされました。


まるでFX初心者を擁護するかのような規制ですが、

過去には100倍だとか、あり得ないくらいの

レバレッジで取引ができていたのです。おそらく今後も

25倍以上は望めないでしょう。


100倍であれば1万円があれば100万円の

取引ができた、ということです。


この規制で初心者の資産を守れるのか?ということですが、

本当の意味で守ってくれる「強制ロスカット」の存在があります。



トレーダーの口座の損失の状態は常に監視されていて、

一定の割合以上の損失が確認された場合には、

自動的に決済して損失を確定させます。


例で言うと、ロスカットのレベルが30%

に設定されていたとして、金融商品の価値が100万円から93万円

まで下がってくると、-7万円の含み損が発生します。


証拠金は10万円ですから、含み損の-7万円を差し引くと

有効な証拠金は3万円となり、強制ロスカットのレベルの

30%まで達することとなります。


この状態であれば、強制に決済して損失を確定させます。

これによりトレーダーの口座がマイナスになる可能性は

限りなく減少しますね。


この強制ロスカットのおかげでとりあえず3万円は無事です(笑)


仮に強制ロスカットされていなかったら、

証拠金の10万円を全て溶かしてしまうことになり、

不足している金額を請求される可能性が非常に高いです。


その上、強制ロスカットの効果で証拠金の範囲内で

損失が確定しますから、FX業者が追加で不足分の証拠金を要求

することはなくなります。つまり、この「強制ロスカット」は

FX業者、トレーダーの双方にとって重大な役割を

担っているわけですねー。


まとめ


・レバレッジは少ない資産で大きな利益を生み出せる可能性がある

・小さな金額でも大きなお金を動かせる

・リスクはレバレッジそのものではなく、取引をおこなっている時間とレバレッジの割合で考える

・レバレッジの規制が行われ、初心者が始めるための必要証拠金が上がり、共にFXを始めるための敷居が上がってしまった

・FX初心者の大半は少額の1000通貨、100通貨単位での取引から行うべし



レバレッジそのものは便利である反面、

一歩間違えてしまえば非常に危険な仕組みです。


このレバレッジの仕組みを理解できないうちは

やはりレバレッジそのものを掛けないほうが無難かもしれません。



ダイスケ


関連記事&初心者向けコンテンツ


FXの副業で稼いでるサラリーマンが急増してるってホント?

プロトレーダーが厳選した役に立つFX商材は?

ゲームで60万円借金し◯◯で絶望から這い上がった大学生の話

FX商材の口コミ一覧と評判はこちら


この度メルマガの発行を開始しました


male
あなたには、手法やインディケータに振り回され、

無駄な時間を過ごしたり、無駄な出費を強いられ、

トレードそのものが嫌いになって稼ぐことを

辞めていってほしくはありません。



経済、金融からビジネスまで網羅した濃い内容。

もちろんブログでは到底お伝えできない内容までお話します。

詳しくはこちら。→ ダイスケ公式メルマガの詳細はこちらをクリック

※今なら完全無料期間限定のプレゼント付き!


投資に関する悩みやご相談承ります


投資に関する悩みやご質問、その他諸々を承ります。

実際に相談される方はあなた同様に


「FXで勝てないんだけど…」

「これから投資勉強しないとヤバイ?」



など、本当に些細な悩みから

とても私だけじゃ解決出来ない悩みまで解消してきました。


今では感謝のメールが届きます。


本当にお薦め出来る情報商材選びや適正など気軽にご相談下さい。


投資は不確定な要素が非常に多いですが

努力すればしっかりと腕と技術、相場観などが身につきます。


従って、正しい情報を受け取り愚直に実践さえすることが出来れば

あなたはこれから経済的にも時間的にも縛られること無く

為替相場から現金を引き出すことが出来ます。



まずは、無料で気軽にご相談くださいね(^^)


また、これまであなたが実践してきたノウハウや

これまで購入してきた商材についてのご質問もお待ちしてます。


FX商材 ランキング 掲示板管理人の

ダイスケがあなたを成功へ導きます

↓ダイスケに相談する↓
⇒ 無料相談受付フォーム


ブログトップページに戻る