SIN0I9A3648_TP_V.jpg

ダイスケです。


みなさんは普段から「ブレイクアウト」という

トレード戦略を使ってトレードをされていますか?


実はこの「ブレイクアウト」はこの相場の世界においては

非常に王道的な手法として知られています。


が、このブレイクアウトを教科書、王道的な手法の通りに

実行していったとしても、あまりにも「ダマシ」が多く

まったく勝てないという現象が起きるのです。


しかし、このブレイクアウトを使うことで

現実的に稼いでいるトレーダーがいるのも事実なのです。


「ダイスケさん、じゃあ何が違うんでしょうか?」


はい、大きな疑問が生じてしまいましたね。


いわゆる勝ち組トレーダーと、一般的な

教科書通りのブレイクアウトと何が違うのか?という

ことになってくるわけです。



一見、どう見ても同じ戦略にも関わらず

そのトレード結果には明らかな違いが出て来るのは

その手法のどちらかに何らかの違いがあるということ。


その違いに関してはこれから詳しく書いていきます。


そもそも「ブレイクアウト」とは?
BON_Whyzesu20150207160022_TP_V.jpg

予め解説をしておきます。


ブレイクう後は、ニュース、経済指標といった

ファンダメンタルズ要因、あるいは重要なテクニカル分析を

「ブレイク」したときに発生します。


価格が重要なテクニカル分析を何度も抜けられない場合、

レンジ相場が多くの参会者の目にとどまります。


この状態は相場にエネルギーが蓄積されている

状態になっているのです。


そうすることで、一度ブレイクアウトが

発生すれば、損切注文を巻き込みつつ勢いを

増していくことになります。


ようするに、ストップを巻き込むことと

新規の建玉が発生することで売り買いの均衡が

一気に崩れ相場が一つの方向に向くのです。


01.png

これが一つのレンジブレイクのパターン。

これとはまた別にトレンドが行き過ぎたときに

底値圏、あるいは高値圏から一気に反転する

パターンも存在します。


この場合には、これまでポジションを保有していた

トレーダーがポジションを決済したり、

反対方向にポジションを経てた場合には、

トレンドの転換が発生します。

132.png

ブレイクアウトはトレンドが発生する初動を捉え、

トレンドに順張りする方法ですから、うまくトレンドに

乗りさえすれば大きな利益が狙えます。


ただ、ブレイクアウトは先ほどもお伝えしたように

ダマシも多い為注意しないと損切り貧乏になってしまいます。


ブレイクアウトを使ってしっかりと勝つためには?
150415511840_TP_V.jpg

王道的なブレイクアウト戦略を実行したとしても

勝てない人が多いのはやはりダマシが多いことが

一番の原因かと思います。


つまり、ブレイクアウト戦略をしっかりと把握し

その上で「ダマシになる場面」を熟知した上で、

エントリーすることが重要になってくるのです。



勝てない人に限ってはここを熟知されていないから、

全ての場面でブレイクアウト狙いで入ってしまうからこそ

ダマシに引っかかる…ということでしょう。


「そこだけかよ!」

なんてツッコまれそうですが、この僅かな違いが

最終的に大きな結果の違いをもたらしてきます。


ブレイクアウトを使って勝ててない事を

ブレイクアウト戦略のせいにするのではなく、

あなたが使っているブレイクアウト戦略をより

深く熟知、研究することで勝率は上がることを

認識していただきたいと思います。


また、これはブレイクアウト戦略のみならず

他の手法、戦略すべてに言えることです。



投資に100%なんて言葉は存在しないし、

100%すべての相場に通用する戦略、手法は存在しないのです。


トレーダーとして勝ち続けるためには、自分の戦略を

相場に合わせていく必要性があるのです。


初心者はどこで「ブレイクアウト」したかを判断するべき?
max16011508-2_TP_V.jpg

よくある質問となるのですがここでも解説しておきます。


これはハッキリ言って「ブレイクアウトした」という

定義や明確な決まりごとはありません。



これはあくまでも「視覚的に」「チャートの形状的に」

ブレイクアウトしたのか、していないのかを判断するように

した方がいいです。


チャートをしっかりと確認し、その上で

明確にブレイクアウトしたなというところで

見過ごすなり判断するなりしてみてください。


稀に「ラインから10pips抜けたらブレイクアウトした」

と定義される人もいますが、これも明確な定義がないことから

ちょっと危ない判断かと思います。


例えそれで定義したとしても、

相場のボラティリティは変化していきますから、

ボラティリティ(変動幅)が大きく変われば、

相場に適さなくなってしまうのです。


わずか1時間で100pips以上も動く相場と

20pipsしか動かない相場では、この10pipsの持つ

意味すらも変わってきてしまいます。


結論として、そういったpipsなどの定義で

ブレイクアウトの判断はせず、しっかりとチャートと

場面の熟知をした上で判断するのが間違いないです。



ダイスケ


関連記事&初心者向けコンテンツ


>FXの副業で稼いでるサラリーマンが急増してるってホント?

プロトレーダーが厳選した役に立つFX商材は?

「口コミ」だけでお金は稼げるの?

今話題のツールで日経225先物にチャレンジしてみた結果w

FX商材の口コミ一覧と評判はこちら

FX初心者さんはこちらを見ましょう!


この度メルマガの発行を開始しました


male
あなたには、手法やインディケータに振り回され、

無駄な時間を過ごしたり、無駄な出費を強いられ、

トレードそのものが嫌いになって稼ぐことを

辞めていってほしくはありません。



経済、金融からビジネスまで網羅した濃い内容。

もちろんブログでは到底お伝えできない内容までお話します。

詳しくはこちら。→ ダイスケ公式メルマガの詳細はこちらをクリック

※今なら完全無料期間限定のプレゼント付き!


投資に関する悩みやご相談承ります


投資に関する悩みやご質問、その他諸々を承ります。

実際に相談される方はあなた同様に


「FXで勝てないんだけど…」

「これから投資勉強しないとヤバイ?」



など、本当に些細な悩みから

とても私だけじゃ解決出来ない悩みまで解消してきました。


今では感謝のメールが届きます。


本当にお薦め出来る情報商材選びや適正など気軽にご相談下さい。


投資は不確定な要素が非常に多いですが

努力すればしっかりと腕と技術、相場観などが身につきます。


従って、正しい情報を受け取り愚直に実践さえすることが出来れば

あなたはこれから経済的にも時間的にも縛られること無く

為替相場から現金を引き出すことが出来ます。



まずは、無料で気軽にご相談くださいね(^^)


また、これまであなたが実践してきたノウハウや

これまで購入してきた商材についてのご質問もお待ちしてます。


FX商材 ランキング 掲示板管理人の

ダイスケがあなたを成功へ導きます

↓ダイスケに相談する↓
⇒ 無料相談受付フォーム


ブログトップページに戻る