-shared-img-thumb-Green26_teiden220141123163347_TP_V.jpg

ダイスケです。


これはどの物事、事柄でも同じことが言えるのですが、やはりプラスとなる面があれば必ずといっていいほどマイナスとなる面が存在します。

今回はデメリットがテーマとなりますが、メリットと同じく把握するべき事柄かと思いますし、認識していくことでよりパフォーマンスを上げられる部分となりますから、投資顧問業者を選んでいく上で参考にして頂ければと思います。

投資顧問業社を利用していくデメリット

世の中「ローリスクハイリターン」なんて話はまず無いと思って下さい。もし、仮にもそういった話がある、もしくはされたというのであれば疑ってかかるべきでしょう。それはもう株式投資の世界でも当然ながら言えることです。

例えば「◯◯は〜倍に必ず上がってくる」などといったものを謳っている投資家の反応は当然ながら良いでしょうが、もし本当にそんな現地味のない情報などがあれば自分自らで投資していくことでしょう。

どのようなデメリットが存在し、そのデメリットはいったいどんな現象を引き起こすのか?そういった客観的な部分を把握しておくことで、事前にその最悪なケースに備えられ、結果リスクを引き下げることとなりますから、結果パフォーマンスにも大きく変わってくると考えておきましょう。

デメリットといってしまうと多少なり語弊が生まれる表現かとは思いますが、当顧問御者を利用していく上でしっかりと認識しておくべきですので、以下のようにまとめましたらご参考ください。


投資判断はやはり自己責任

投資顧問業社を利用する際には誤解しないようにして頂きたいところになりますが

「投資助言業社は助言する事だけ」が許されており「実際の投資判断と売買に関して」は投資家自身が行います。

投資顧問業社を利用した、しているからといって必ず利益が舞い込んでくるわけではないのです。

投資顧問業者と結ぶ「契約締結前交付書面」や「利用規約」などには、これらの投資家にかかるリスクや自己責任に関する規定がまとめられています。それとは逆に、売買指示を受けたからと言って売買を拘束される、といったものでもありません。あなたの考えや希望、そういったものと配信されてくる内容が違うのであれば売買を見送ったり、自分の判断で売買していくことも出来るのです。

評価されない事業者の存在

金融庁の認可を得た事業者だからと言って、全ての事業者が優秀な助言業者と言い切ることはあり得ません。なぜなら、こちらでも書かせて頂きましたが、認可そのものを取ること自体はあなたが思う以上に簡単なのです。

サービスを実際に利用しているであろう型の口コミ情報や比較サイトなどを見ていけば、「配信されてくる情報が適切でない」「サポートがそもそもダメ」といった、サービスそのものの内容に関する不満がやはり確認できます。

さらに、認可を得ていないであろう業務範囲の行い、かつ管轄財務局などから指導を受けた事例があるなど、全ての助言業者が健全で適切な運営を行っているとは言えない状況でもあります。様々な事業者がいる中で、評価がそれなりに高い事業者を選んでいく事が重要であるといえます。

また、どのサイトも大きな差は無いことからまずはお試し期間、無料での登録をしてみて様子をみていくのがいいと思います。

やはり情報料が必要になってくる

当然ですが、投資顧問業者も非営利の団体ではないことから、規約規定によって様々な料金プランが存在していることから助言を受けるにはお金が必要になってきます。

これはもちろん利用を検討されている人の中でも「高い!」と感じる方もいるでしょうし、逆に「安い!」と感じられる方もいると思います。サービスを実際に利用している方の現在、心理状況などによって分かれてくる部分かと思います。

しかし、契約締結前交付書面には提供されるサービス内容、そして対価として払う料金に関しては詳しく記載されていますから、検討されているのであれば契約内容そのものをじっくりと確認し、利用の際には必ず納得された上で利用するようにして下さい。

金融商品というリスクが隣合わせのものを扱いますから、一体どのようなものがメリットになり、何がデメリットであるかをしっかりと把握していくことで、上手に投資顧問業社を付き合っていくことができます。

投資で必要なものが、別の記事でも何度もお伝えしているものではありますが、強い意志と明確な目標、そして正しい知識です。

勿論ですが、一切誰にも頼ること無く己の力でその道を切り開いていくことがベストですが、それなりにも多大な時間と労力を必要とする世界です。

最短で効率的な成功を収めていくには、その道で経験を積んで独自の「知恵」を得た者の「助言」が必要不可欠となります。昨今は何かと悪いイメージのあった投資顧問ではありますが、だからこそ初心者の皆様には「投資顧問」に関する正しい理解が必要であると考えていましす。

ひとまず、投資顧問業の現状、そしてデメリットをお伝えしてきましたが、今後の投資についてまずは正しい知識、知見を深めていき、投資に対して前向きな気持ちでこれらの内容を役立てて頂ければと思います。


人気記事

14日間完全無料?元メリルリンチ証券No.1セールストレーダーが配信している株情報とは?

関連記事
1.投資顧問業者を利用する上での7つのメリットとは?
2.株式投資の銘柄選びとは?
3.株式投資で稼ぐ方法とは?初心者でも稼げるか?